スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | |

ORANGE RANGE「はい!もしもし…夏です!」

最近はORANGE RANGEのアルバム「裏SHOPPING」に収められた「はい!もしもし…夏です!」ばかりを聴いている。

この曲を知ったのはTSUTAYAに行ったときに店内でかかっていたからだ。TSUTAYAの店内放送は、トップアーティストであるORANGE RANGEの新譜に収められた、南明奈というそれなりにキャッチーな人物がボーカルを務めている曲ということでこの曲をかけているに違いない。実際のところ「裏SHOPPING」というのは実質的にレアトラック集みたいな扱いのベストアルバムであるし、そもそもORANGE RANEGEというグループのポピュラリティも以前に比べて翳っていると言わざるを得ない。しかしそれでもTSUTAYAで曲がかかるような立場のアーティストとしてあるわけで、そのようにグループとして微妙な時期にあるからこそ、僕のようにこれまでORANGE RANGEなどろくに聴こうとも思わなかったリスナーが惹かれてしまうような歪な楽曲が紛れ込んでいるのだと思う。つまり言ってしまえばこの曲は、いろいろとひどい。

そもそもこの曲は2005年に発売されたシングルのカップリングだった。ここでMP3を聴ける。この曲は簡単に言うと「電波ソングを意図した電波ソング」として作られている。いかにもベタベタなファンシーさをもった言葉をデタラメに並べた歌詞を「沙織」という女の子にヘタクソなウィスパーボイスで歌わせるというもので、ヴァネッサ・パラディのような「いかにもフレンチポップです」みたいなトラックが付けられている。つまりこれは、ORANGE RANGEらしいのであろう冷笑趣味を持った、言ってみれば諧謔に満ちた曲だったのである。

それだけでは面白くはなかった。しかし「裏SHOPPING」において、その諧謔趣味は禍々しく歪められて何だかよく分からないものになっている。まずトラックがリミックスアルバム「Squeezed」に収められたバージョンであり、これはやけにチープなエレクトロ風味に変えられている。ここにMP3があるが、しかし南明奈のバージョンはこのリミックスバージョンとはさらに違って、歌が非常に適当なのだ。リミックスではウィスパーボイス風の木訥としたボーカルの感じがエレクトロの楽曲にそこそこマッチさせられているが、南明奈は元々自分に与えられたものではない楽曲だからなのか何なのか分からないが、何も考えずにただ明朗と歌を歌っている。リリースから3年を経て原曲が元々意図したところが忘れかけられているところで、換骨奪胎のように曲の要素がザクザクと乱暴に差し替えられているわけで、ここではもはや最初に何をやりたかった曲なのかはかなり伝わりにくくなっている。

これが素晴らしい。結果としてこの曲は、もう「電波ソングを作ってみました」というような諧謔趣味などみじんも感じさせない、真の意味で単なる電波ソングになっている。「面白いだろ」と目配せしながら作った原曲なんかよりずっといい。こんな妙な曲をORANGE RANGEという人気アーティストのアルバムで聴けてしまうのもまた非常にいい。調べてみると、このような何かが壊れてきてしまったような感じはこの曲だけでなくORANGE RANGE自体に表れているようだ。「おしゃれ番長」のカッコいいのかオシャレなのか首をひねってしまう微妙さなどは、関口誠人が脱退する直前のCCBにおける「ないものねだりのI Want You」のようなノリきれないモンド感があって非常にいい。

ただ1つ問題なのは、こういう書き方をしてしていると、まるでこれは笑いものにすべきものだというように読めてしまうことだ。そうではない。バッドテイストだから好きだというと、バッドであると言うことになる。そうではないのだ。僕はこういうキメラのようなものこそポップスの神髄だと真剣に考えていて、どうしようもなく愛してしまう。ただそれだけのことを伝えるのが、すごく難しい。

スポンサーサイト

2008.12.18 | | コメント(10) | トラックバック(0) | [音楽

428 ~封鎖された渋谷で~

すっかり遅くなったが、おかげさまでミニコミ「Hang Reviewers High」は文学フリマにおいて完売しました。ありがとうございます。さらに、更新しないでいるうちにLilmagさんで通販が始まったりサクッと売り切れたり再入荷したりまた売り切れたりしています。どうやら全部で200冊くらいお買い上げ頂いたのだろうか。ありがたいことです。再版の予定はないそうで、しかももう売り切れ寸前です。興味のある方はよかったらお早めに。

さてLilmag blogによるとこのブログは「忙しい」ばっかり書いているとの評判だが、僕もミニコミを読んでやはりそう思った。あとどうも西島大介君と酒を飲んでばかりいるようだ。が、しかし、言わせてもらうと今まさに今年最大の忙しさを迎えている。本当に忙しい。

忙しい中で428をプレイしていた。ほとんど徹夜のようにして一気にやり終えた。僕はこのゲームの発売こそを、10年間待っていたのだと言っていいだろう。このゲームは全く「街」の正当な後継作としてふさわしい。双生児、渋谷署の刑事、ダイエットなど「街」を連想させるに十分な要素がちりばめられているし、大沢シナリオのデカダンな雰囲気の演出だって前作の「シュレディンガーの手」を思わせるものだ。さらにTIPSの中には「街」のオマージュがこれでもかというほど盛り込まれている。権利の関係なのか何なのか、今作のプロモーションで「街」というタイトルは全く隠されているようだが、しかし作中では十分なファンサービスが行われている。これは素直にうれしい。

また「街」からゲームシステムがほとんど変更されていないことが喜ばしい。より分かりやすくするために「ザッピング」という言葉を「ジャンプ」と言い換えたりしてはいるものの、チュンソフトはついに「街」のゲームシステムを否定しなかった。彼らは10年を経て、この面白いシステムそのものに間違いはなかったのだということを確認し、自信を持って再度リリースした。これはうつくしいことだ。

彼らはシステムを改変するのではなく、その運用を変えたと言うべきだろう。例えばあるキャラクターの物語が進行停止して、別のキャラクターの物語を進行させねばならないという状況は前作にも見られたが、今作ではそれに「KEEP OUT」という分かりやすい名称が付加され、ゲームの進行において鍵となる要素として強く打ち出されている。この変更は、単に前作にもあった要素に名前が付けられたというだけにとどまらない。「KEEP OUT」は、前作以上に、複数の物語をどの順序で読み進めるのかをプレイヤーに強制するように働いていると見るべきである。それは前作と今作が、システムが同じでありながら、全く違った考え方で作られているということに関連している。

「街」は複数主人公による並列した物語がごく些細なポイントでのみ繋がりあっているという物語だった。そして、あのゲームは各主人公同士が没交渉であることに徹底的に拘っていた。その頑なさはほとんどパラノイアックと言ってもいいもので、そういう偶然の連鎖に感じられる面白さをこのシステムによって表現しようとしていた。しかし428は複数の主人公が複数の物語を語るのではなく、1つの物語を複数の人物の視点から読むことのできるゲームだ。言ってみれば従来的な視点切り替え型ノベルゲームの仕様に近い。しかしチュンソフトが自信を持って変更を加えなかったマルチフラグ/ザッピングシステムの上で繰り広げられる視点斬り合え型ノベルはやけに面白い。ここには、こんなによくできたシステムなのだから、それをそのまま使ってウェルメイドなサスペンス劇をやろうという強い意志が感じられる。メジャー感のある物語をそのまま乗せてしまうということに、チュンソフトとセガは腐心している。立派なことだと思う。

そしてボーナスシナリオを奈須きのこが書いている。「弟切草」から始まったサウンドノベルが「雫」によってビジュアルノベルへと派生し、そして今1つの作品の上で再び出会っているのだから、これは単純に言って歴史的なことである。しかしそれ以上に注目すべきだと思うのはこのシナリオの作風だ。奈須きのこはアウェイ感に流されてお茶を濁すようなものを書いたりしなかった。彼ならではの、絶対にチュンソフトのサウンドノベルではあり得ない熱いバトルものを書いているのだ。ビジュアルノベルとTYPE-MOONを背負って矜持を貫く姿勢が本当にカッコいい。そして、質を異にしてありながらも本編とボーナスシナリオの両方においてメジャー感を目指す意志は共有されているのだ。ゲームにはこれだけの物語が描けるのだということを、妥協なしに主張している。素晴らしい。

2008.12.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | [ゲーム] [文章

«  | INDEX |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。