スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | |

パンドラ Vol.3

漫画の話が続くが、講談社BOXの企画で漫画家の西島大介さんと一緒に、一年間の予定で「ひらめき☆マンガ学校」という「漫画の描き方講座」を行うことになった。今特設サイトで参加者を募っているので、基本的に抽選になるけど、ぜひいろいろな方にご応募いただければと思います(今月いっぱいで締め切りなので急いだ方がいいのかも)。去年の夏にやった一日漫画教室の拡張版というわけだが、実際にはこの企画は2年近くかけて西島君と一緒に考えたもので、それがいよいよスタートするという感じ。内容は一言で言うと「漫画の描き方」ではなく「漫画家になる方法」をやる、というものになるのかな。先日人に説明したときにも「参加したいけど絵が描けない」と言われたが、そういう人ですら漫画家になれてしまう、というコンセプトがある。むしろ「絵の描き方」のようなものは一切やらないはずだ。だから漫画家になりたい人はもちろん、漫画を読むのが好きだとか、漫画批評に興味があるとか、漫画じゃなくてもいいから何かしたいだけの人とか、幅広い方に参加していただけるはずです。

今の漫画業界は主に戦後からずっと続いてきたやり方で成り立っていて、原稿持ち込みをして、漫画賞を獲って、漫画家のアシスタントになって、編集者と共に企画を叩いて連載デビューする、というものになっていて、しかし最近ではその枠にとらわれないような「漫画家」が誕生している。また一方で「漫画の描き方」を扱う本は、ほぼ技術的に高度な絵の描き方に終始して、本当に漫画という読み物を作るためにどうやればいいのかは結局分からない。以上のことから、今日的なノウハウを「漫画教室」にできないだろうか、というのがこの企画である。中身については、去年の夏にやった一日版の全内容が「パンドラ Vol.3」に掲載されているので、見ればだいたいどういうことをやるのか分かります。興味のある方はぜひご覧ください。同じ講談社BOXの企画である東浩紀さんの「ゼロアカ道場」との差別化を意識するように「参加者全員が100%マンガ家になれる!!」という惹句がついているのだが、この文言は講義内容のヒントというか答えになっていてちょっと面白い。「パンドラ」には一日漫画教室に参加された今日マチ子さんを迎えての鼎談も掲載されているんだけど、そこで「漫画などの文系ジャンルの中には実は体育会系的なノリがあって、そういうものになじめず居場所がないと思っている人に勧められる教室だ」という話をしていただいていて、これはこの教室とか西島大介という作家のスタンスを的確に表している言葉だと思う。

ところでこの「パンドラ」は、今までの号とガラッと変わっていてちょっとびっくりした。表紙が吉原基貴さんの絵になっている。この人の絵はたとえて言うなら丸尾末広の漫画作品のようなハードな印象があり、そのためどことなく懐かしい90年代以前のサブカル誌のようなとんがったセンスの表紙になっている。今どきこういうのを、とくに若者向けの商業誌でやるのは嫌いじゃない。

内容にも変化があって、一言で言うと批評に関するものが多くなっている。批評に興味のある方が読むと楽しめるのではないか。巻頭の「ひぐらしのなく頃に」特集からして論考が中心で、藤田直哉さんなどが書かれているのが面白い。東浩紀さんのゼロアカ道場に関する考察もある。僕も「ゼロアカ道場」の第五回関門レポート記事を書かせていただいた。また宇野常寛さんの連載が始まっていて、今回の「ダークナイト」論については、「ゼロ年代の想像力」について僕が不満に思っていた点、例えば音楽についての考察が全く抜けている部分などをフォローしようという書き手の気概が感じられて面白く読めた。

しかしこの本でやけに面白かったのは編集後記として書かれた部分は野崎編集長が講談社BOX編集部員の立場から「ファウスト」「ライトノベル」そしてこれまでの「講談社BOX」を総括していて、これはけっこう刺激的な読み物だと思う。雑誌がこういう自己言及的な読み物を載せることにはいろいろな意見があるだろう。というか、これは編集者の所業としては読者を煽るようなものだから、これに対して読者からいろいろな意見が起きないのなら、編集者の目論見にとって残念なことではないかなと思う。個人的には、こういうのは時代の変化をどう捉えて舵を切っていこうという作り手の意志がはっきりと出る部分なので好きだ。

しかも「パンドラ」は編集長の交代制を標榜しているので、今号の作り方が必ずしも今後の同誌のカラーになっていくというわけでもないのだ。次はどうなるのか全く分からない。今どきこんなノリで雑誌を作ってしまうところがちょっとすごい本だなあと思う。

スポンサーサイト

2009.05.14 | | コメント(2) | トラックバック(0) | [マンガ] [文章

漫画をめくる冒険―読み方から見え方まで― 下巻

ブログを更新できないのはとても辛い。毎日、辛い。辛い辛いと思いながら日々を過ごしている。

とどのつまり、僕の場合、ウェブサイトを運営することを生活と切り離すことができないのだろうか。そうではないものとして作りながら、しかしいつも、どうしてもそこから逃れることができない。

一般的に、そんなことは考えるべきことではないのかもしれない。それに、ウェブには素晴らしい書き手がひとりいて、その人は、ウェブに書くものは究極的には日記であって、だから終わりのないものだ、そのことに忠実であれ、まして結末など設けるべくもないものだ、というようなことを言っている。僕は、いいものを書くその人に敬意を払っている。しかし、それは僕のやり方とは違うとも思っている。僕がウェブで10年、やってきたことは、その人とは違うやり方だったように思うし、これからもそうだろうと思う。ウェブにものを書くとき、別段その人を意識して書いているわけではない。逆らわなければならないと思ったこともない。しかし、ウェブサイトの作り手として、僕の考え方というものがある。これは作品なのか。あるいはただ日々の営みの残滓なのか。いや、どちらでもなく、そのせめぎ合いの中にこそ僕がウェブで書くものはあるはずだと言いたい。そう書くと、あまりに自己弁護的なのだろうか。最近は、そういうことをよく考えるようになった。

書くたびに告知ばかりのようだが、告知がある。もう明日だが、蒲田で行われる「文学フリマ」においていずみのさんの「漫画をめくる冒険」の下巻が発売されて、僕はこの本に解説を書かせていただいた。これは本当にいい本で、文学フリマ以後にももちろん店舗やネット上で販売され続ける(サイトの記述によるとメロンブックスにはもう入荷しているようだ)から、ぜひ多くの人に読んでいただきたい。

僕がこの本を読んで思ったことは、これは必ずしも漫画に限った本ではないな、ということである。もちろん、そういう評価にいずみのさん自身がどう思われるかは分からないし、またいずみのさんはこの本で、漫画を解析するための理論を構築しているというのは間違いないことである。もっと言えば、次々に作品が作られ、どんどん消費されていく漫画というメディアに対して、どうやって豊かな読み方をするか、という理論を作られている。

しかし、僕が漫画に限らないと言うのは、この本が、例えば漫画が好きな人や、あるいは漫画読みと呼ばれるような人にだけ読まれてしまうのはもったいないように思うからだ。いずみのさんがここでやっていることは、漫画に限らず、我々が「作品」に対したときに、それをどうやって享受するのかということなのだ。

そして、その裏にあるのはやはりインターネットなどで一般ユーザーが「作品」について語る状況ではなかろうか。漫画理論の本だと言ってもいいが、しかしそれが使われる環境を思ってこそ、本書は書かれている。だから、漫画論だから、漫画に興味がない人は読む意味のないものだなどと思わなくていい。また、「漫画論にとって重要な本ができた」とばかり言わなくてもいいはずだ。いずみのさんは新しい漫画論の書き手として優れた人で、その分野で寄せられる期待は言うまでもないものだが、僕は、小説でも音楽でも映画でも絵画でもゲームでもアニメでも演劇でも、ひょっとして批評でもいいだろうが、誰かがアウトプットした何かを受容しようとしている人にとって価値のある本だと思う。いずみのさんは「作品」の成り立ちを作者だけに任せないし、かといって読者だけが作品の内実を弁別できるというような言い方もしない。作者と読者が行う活動の間から「作品」というものが生まれるという奇跡に、この本は敬意を払おうとしている。今は、広い読者がその姿勢について考えていい時期だと思う。

さて、このブログの話に戻るが、しばらく、いくつかの記事がそれなりに間をおかずアップされるだろう。僕にとってはうれしいことに、間違いなく、そうなる。なぜかというと、もう書いてあるから。

2009.05.09 | | コメント(0) | トラックバック(0) | [マンガ] [文章

«  | INDEX |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。