スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | |

イルリメ「イルリメ・ア・ゴーゴー」

最近はとにかく「イルリメ・ア・ゴーゴー」ばかり聴いている。これは短いが本当に素晴らしいアルバムだ。とにかくたくさんの人に聴いてほしくなる。「元気でやってるのかい?」を聴いてよい曲だと思う人はずいぶんいるだろうから、YouTubeにアップされているPVを見てたくさんの人がこのアルバムを買っていればいいと思った。本当はレコ発ライブにも行きたかったのだが、何か別のライブと重なっていていけなかったような気がする。

ポッドキャスト「イルベリ」でイルリメの新作がポジティブかつポップなものであることはある程度分かっていたが、ここまでのものを作るとは思っていなかった。カクバリズムのサイトに書いてあったように、本当に全曲パーティーチューンなのだ。アブストラクトな楽曲を評価されるヒップホップアーティストたちは、まれに単純に彼らが内省的な作品を作っているからという理由で評価されることがある。しかし内向きな作品だから素晴らしいという評価のやり方は無論間違っている。内省的というのがアーティストの思いを掘り下げるような姿勢を持った作風を指すのだとしたら、我々は本来その楽曲が提供する思いの強度をこそ評価すべきなのだ。

そしてそれが本来ならば、結局は抽象度の高い曲かパーティーチューンかなんてことや、あるいはヒップホップらしいかどうかなんてこと自体が、どうだっていいことであると気づくだろう。イルリメはそのことをずっと分かっていた。ポップさとアブストラクト具合が渾然一体となった彼の楽曲は常にそれを伝えていた。彼がアブストラクトな作風に拘っている作家ではないことなど言うまでもない。彼はただ感情を伝えることに熱心なのだ。彼が日本的なビートや押韻を何の衒いもなく持ち出すのだって、複雑なライミングやフロウに拘りがちなほかのヒップホップアーティストたちに対してカウンターとしてありたいからじゃない。彼は常に、どれだけ突き抜けた感情を、どうやって届けるかということばかり考えて手法を選んでいる。違う言い方をすれば「元気でやってるのかい?」という曲の素晴らしさは歌われる感情の美しさだけではなく、感情を伝える強さにあるのだ。

しかしそうは言っても、やはり今イルリメが気持ちを伝えるのに全編パーティーチューンを選んだということは、僕にとってほかのヒップホップアーティストがそうするのとは全く違うことではあったのだ。このアルバムは聴くたびに、我々が新しい時代を迎えていて、確かに前へと進んでいるという実感と感動を僕に与えてくれている。

2007.08.18 | | コメント(4) | トラックバック(0) | [音楽

コメント

 すぽっく。

かがくしかん と しての

きみに しつもん する。

 いるりめ とは。

「   


 きみ に さえ わから ない の

かね。

「ひ ろんり てき です ね」

 んん?

「じむ。これまで いろいろ

「感情」という がいねん に ついて

「ヴぁるかんてつがくっしゃ」で

さえ

「しょせつ ふんぷん」でしたが

 かがく しかん なみに

やっと、りかい できました・

 「どう いう い み だ」

「おもしろい」

2007-08-28 火 03:47:41 | | すぽっく #rm5Ua0l2 [ 編集]

すぽっくさん、コメントをありがとうございました!
イルリメの新しいアルバムを聴いていると本当に気持ちをどこまでも伸ばしていこうという意志が感じられて素敵な気分になります。今作が売れているのかどうか全く知らないけど、肯定的に迎えられていて欲しいです。

2007-08-28 火 09:56:19 | | ソメル #- [ 編集]

以前までにあった奇妙なトラックが少なくなってるのはちょっと残念ですね。
とはいってもイルリメアゴーゴーは傑作であって
その価値が減るわけではないんですが。

あ、ライブもすばらしかったですよ!

2007-09-06 木 10:18:26 | | Wen #- [ 編集]

Wenさん、コメントどうもありがとうございました。
奇妙なトラックがないのは確かにちょっぴり残念ですが、イルリメにはこれも、あれもできるっていうのが僕にはうれしいことでした。
ライブいきたかったです!うらやましい。

2007-09-17 月 22:30:31 | | ソメル #- [ 編集]

コメントの投稿

トラックバック

この記事へのトラックバックURL


FC2ユーザー用トラックバックはここ

 | INDEX | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。