スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | |

モーニング2 2007年 9/1号

昨日は西島大介君が来て、近所の居酒屋で飲む。そのときに「世界の終わりの魔法使い」シリーズの新作「小さな王子さま」が掲載されている「モーニング2」最新号をいただいた。一度立ち読みしていたが飲んで話す合間にパラパラとめくっていたら突然いろいろなことに気づいたので帰ってきてまた読み直す。

「世界の終わりの魔法使い」は2005年に発表されたが、その後に一作目の1000年前の物語となる「恋に落ちた悪魔」も上梓され、現在は一作目の後の物語である三巻目の刊行が待たれている。今回モーニング2での連載が始まった「小さな王子さま」は「特別編」と銘打たれているが、内容的には上記三作の前段、つまり「恋に落ちた悪魔」よりもさらに過去の出来事を描いている。西島大介は「スター・ウォーズ」のシリーズ構成を念頭に置いていて、つまり「小さな王子さま」は「エピソード1」なのである。だからこの「小さな王子さま」では前作までの敵役にあたるノロ王子の少年時代が描かれるわけで、今後の連載では気の弱い彼がダークサイドに墜ちていく課程が語られるはずだ(それは今作ではなく、スター・ウォーズと同じく「エピソード2」での話になるのかもしれないが)。

ともかくその説明だけでは大長編ながら普通の物語の筋書きと言える。ところが第一作「世界の終わりの魔法使い」が、先日も少し言及した「90年代的な不能感とセカイ系」についての物語であったことを考えると、このシリーズは単なる長編物語として以上の意味を見せ始めるのだ。第一作の世界はすべて「影」と呼ばれる「思い出から複製を生む禁断の魔法」で作られた偽の世界であり、ラストで主人公はその閉鎖された世界を維持したまま別の世界へと旅立つが、これが「セカイ系」を越えて新しい「魔法」すなわちフィクションの力を獲得するというテーマを描いているのは明らかだ。処女作「凹村戦争」で火星人襲来というフィクションに現実として接することができない状況を描いた西島大介が、2005年にその回答を示したのが本作なのである。それは「世界の終わりの魔法使い」というタイトル自体にはっきり見て取れる。

このタイトルは今やシリーズ全体に冠されることになったが、やはり最初に含まれていたテーマは失われず作品全体を貫くものとして維持され、世界とフィクションについての物語が継続されている。例えば、「恋に落ちた悪魔」ではノロ王子について以下のように言及される。

「あれはかわいそうな子供だの 旧王家の幻があの子を苦しめていた」
「だからエラソーなんだろ?」
「弱体化し黄昏れていく魔法星団をあの子は許せなかった…」
「暗いんだよアイツ…」
「やがてあの子は苦悩の果てに禁断の”影”を復活させてしまった」
「”影”って何?」
「”思い出”から複製を無限に生み出す究極の魔法…」
「すごい 使えるじゃん!」
「と思われたが後に重大な副作用が発見されての ”影”を生み出すたびに恐るべき”魔物”が出現してしまうんだ」
「”魔物”って?」
「世界を呪う凶暴な混沌…」


色あせてリアルさが消失していく「よかった時代」のフィクションへの固執から生み出される模倣が世界を混沌に導くというのである。全く直截的な表現だと言っていいだろう。これは寓話的であるよりもずっと批評的なものだと思う。そして上記の昔話を詳しく語るのが今回の「小さな王子さま」なのだということは、居酒屋で酔っていた僕の頭を醒めさせるのに十分なことだった。つまり今シリーズから始まる「恋に落ちた悪魔」の前史が語るのは、次第にフィクションを喪失していったかつての我々の姿であるはずなのだ。まず今回にはノロ王子の兄である第一王子が登場した。眉が太くて常にポーズがキマッていて豪放な性格なのは、西島大介が彼にかつてのフィクションそのものを込めようとしているからだ。彼が西島大介の作品の中では異質といっていいほど手足が長く、八頭身の写実的な姿をしていることに注目したい。この写実的な肉体は言うまでもなく、「恋に落ちた悪魔」での成長したノロ王子の姿に対置されている。あの4.5頭身は、兄の姿を目指してついに獲得できなかった果ての異形としてあるのである。

しかし今後おそらく第一王子は退場させられ、第二王子であるノロ王子は彼への憧憬を抱きながら超越を目指すだろう。最初、ならば「小さな王子さま」のラストでエヴァンゲリオンに対する総括が行われるのだろうかと思ったが、よく考えてみるとそれは順序的にはまだ先の話になるはずだ。いずれにしても、この物語は我々の見てきたフィクションの歴史をなぞり、そのすべてを越えていこうとする壮大な試みなのである。いまだ描かれていないその「歴史」が早く知りたくて仕方がない。「世界が終わる」エピソードはもちろんだが、一番知りたいのはやはり第一作で主人公が進んでいった先の世界だ。それは現在についての物語だろうし、もしかしたら未来を見せてくれる物語である。

2007.08.20 | | コメント(0) | トラックバック(0) | [マンガ] [アニメ] [文章

コメント

コメントの投稿

トラックバック

この記事へのトラックバックURL


FC2ユーザー用トラックバックはここ

 | INDEX | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。