スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | |

CONTENT'S FUTURE ポストYouTube時代のクリエイティビティ

たまたま津田大介さんに会う機会があって、持ってらした「CONTENT'S FUTURE」をいただいた。内容に興味があったのでありがたくいただいて、さて帰って読んでみたら思っていたような本とはちょっと違った。でも、思っていたものよりずっと面白かった。

この本はどういう本か。クリエイティブ・コモンズ・ライセンスのアイコンが付加されていたり、表紙に「ポストYouTube時代」などと書いてあったり、またNT2Xのシリーズであることから、僕は何となくこの本はインターネットにおける著作権がらみのことについて書いた本であるかのように想像していた。実際にはそのテーマからはけっこう遠いのである。もちろんそれと切り離して語ることは全く不可能なのだが、しかしそれよりもずっと現実的な問題を扱っている。つまり、これは今という時代に物づくりがいかに可能であるかということを語った本である。だからこれはコンピュータ関連書というよりも、メディアに興味のある人なら誰でも面白く読めるものだろうと思った。

コンピュータやネットワークの発達は従来のメディアの常識を覆して、その立場をしばしば危ういものにした。分かりやすい例がコピーの可能性であるし、またブログによって誰もがメディアを持てるようになったことだってそうだ。しかしこの本は、新しいメディアが招く危機について語ったり、またその是非を問うものではない。そのような手垢のついた語り口は今なお法制度や倫理について語る準備としてありうるが、しかし今まさに刻々と進行している物作りの現場にとって役立つ議論でないことはあきらかだ。この本の作り手はそのことを正確に理解して、だからコンピュータやネットワークが「可能にしてしまったこと」について今さらのように語り始めたりはしない。そんなことよりも、たった今、メディアの現場はどのようにそれを受容し、どう作品を作るのかを問題にしているのだ。だからこれは、ある意味では法制度がどうなるかという「先の話」よりもずっと読者にとって近くて重要なテーマだ。

気に入ったのは、この本が特に注目しているのがクリエイターではないということだ。登場するのは映像や音声番組のディレクターやプロデューサーなどが多い。インターネットがクリエイターと受け手を限りなく親密にさせ時には両者を融合するような時代には、むしろ彼らのような中間的な存在について考えることこそが次代のコンテンツにとって重要であるという主張を感じた。特に松岡正剛のインタビューの以下の部分がよかった。

津田 最近言われている「ウェブ2.0」についてですが、インターネットやPCが情報やコンテンツを作る現場に影響を与えて、「一億総クリエイター時代」なんて言われるようになりましたよね。誰しもがブログを作ってデジカメで写真撮って、誰もがクリエイターだよ、という時代になった。
 生み出されるコンテンツが、良い悪い関係なくとにかく増えて、それを享受する受け手も非常に増えているというのが今の時代ですよね。そういう状況下で、僕は、今一番足りなくなっているのは「エディター」だという問題意識を持っているんです。

松岡 足りないねえ。

津田 みんなが情報のパブリッシャーかつクリエイターになっているけど、エディターは本当にいなくなってる。

ここに書かれていることとか、またナラティビティが成り立ちにくいという話は、僕が普段感じていることに近くて興味深かった。ネットはプル型のメディアとしての側面が強いせいか、情報に対して個々のユーザーがいかに判断するかという話が多いが(みんなメディアリテラシーの話ばかりする)しかし情報の送り手についてや「エディター」だのなんて、それほどは問題にされない。文章なんて誰でも書けると思われているのだから当然である。僕には結局のところ、言葉の地位が下落したことに原因があるように思えてならない。

2007.09.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | [文章] [映像

コメント

コメントの投稿

トラックバック

この記事へのトラックバックURL


FC2ユーザー用トラックバックはここ

 | INDEX | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。