スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | |

Perfume「ポリリズム」

Perfumeって一体何なのだろう? 僕が彼女たちに望んでいる場所って何なんだろう? どうやったら僕らは物語と正しく向きあえるだろう? この半月以上、僕がずっと考えていたことはそれだった。考えに考えすぎて、最後にはもう、一番最初に確信めいて捉えていた結論すら、投げ出してしまうかもしれなかったと思う。しかしようやく、「ポリリズム」まで戻って来ることができた。だから今日はまずこの曲について書こうと思う。

ニコニコ動画でのPerfumeをフィーチャーした動画を僕は全面的に支持する。最も圧巻だったのはこの「エレクトロ・ワールド」だ。オリジナル曲を耳コピしてカラオケを作り、ボーカルをVOCALOID2「初音ミク」に歌わせ、映像を「THE iDOLM@STER」に差し替えたこの動画がどれだけ刺激的なものか。ここではアイドルを成立させていた要素の全てが差し替えられ、オリジナルにあったものが何一つない。ここで、我々はオリジナルの不要性を声高に叫び始めたりはしなくていい。逆にオリジナルがコピーより上位に立つのだと嘯く必要もない。

なぜなら、僕がまた、「ポリリズム」のPVを全面的に支持するからこそなのだ。この素晴らしいPVをぜひ見てほしい。冒頭で四小節ずつ三人が歌うのに合わせて、映像はそれぞれの顔を順に映し出す。この一連のカットが意図に富んだものであることは明らかだ。曲のハイライトであるポリリズムの後にブレイクが入り、三人がイントロと同じく、今度は八小節ずつ歌うときにも同様のカットは繰り返されるのだ。この反復は何を仄めかすものか。すべてが代替可能な状況へ効果的に投げ込まれた三人の身体が、むしろ無機質さの演出のようにしか我々が捉えなかったボコーダー音声(正しくはAuto-Tuneなんだそうだが、僕はもちろんそんな話をしているつもりはない)の中に三人それぞれの個性を立ち上らせるということである。この表現は、三人の肉体と息遣いを最も生々しく我々に意識させる、極めて優れたものなのだ。あ~ちゃんは柔らかく、かしゆかは高く、のっちはクールに。その肉感は断じてオリジナルの優位性に起因するものではない。あくまで代替可能性が氾濫してあるからこそ三人の身体性に焦点がもたらされ強調される例なのである。ごく現代的なやり方で肉体を再発見させていると言っていいだろう。それは、Perfumeの世界に漂うエモーションとおそらく同系にある。

さらに言えることは、これらの例においてPerfumeは実体を待たずに事象として、事件として存在してしまっているということだ。その中心には誰もいない。三人の少女も、中田ヤスタカも、アミューズも、徳間も、もちろん初音ミクもアイマスも特権的にはあれない。一切が代替可能性に晒されるとき、そこにはPerfumeだけが残っている。そして三人が現れたときには三人の物語が起動するのだ。僕はこれこそアイドルだと思う。Perfumeが今実現しているアイドル性って究極なのではないかとさえ真剣に考えるのだ。アイドルって、なんてカッコいいんだろう!

2007.09.25 | | コメント(0) | トラックバック(3) | [音楽] [映像

コメント

コメントの投稿

トラックバック

この記事へのトラックバックURL


FC2ユーザー用トラックバックはここ

perfume

perfumeが面白い。perfume は存在自体に矛盾をたくさん抱えていて、テクノポップという演奏する人間の実在性、肉体性の希薄な音楽と、アイドルというその人間の存在に対する興味をエ...

2007.09.27 | DAyji802

PERFUME

PERFUMEパフューム (Perfume) は、英語で香水や香料、芳香などの意味を持つ。*Perfume - 女性3人組アイドルユニット。*パフューム (小説) - 1985年の小説。:en:Perfume (novel)パフューム ある人殺しの物語 - 2006年に制作されたドイツ・フランス・スペイン合作映画。*盛

2007.12.29 | しおんの記録

Perfume 「ポリリズム」

●作詞・作曲 ・・・ 中田ヤスタカ ●発売日 ・・・ 2007.9/12 ●発売元 ・・・ 徳間ジャパンコミュニケーションズ ●説明 ・・・大本彩乃、樫野有香、西脇綾香の女性3人組テクノポップアイドルユニット。 アクターズスクール広島の1期生で、在籍中の1999年にスクール内

2008.01.13 | musi-k ~ムジーク

 | INDEX | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。