スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | |

恋空

こないだの座談会で吉田大助さんに会ったときに、新垣結衣について熱く語ってらしたのがずいぶん気にかかっている。僕はもう最近はすっかり「恋空」をいかにして読むかということを考えているのだ。そう思ってるくせに、たった今までどんな話かもよく知らなかった。だからこの姿勢は全く誉められないことだと思う。しかしケータイ小説は、今一番ひどい扱いをしてもいいと思われているフィクションの1つだ。たくさんの人が熱っぽく支持していて、しかし明らかに軽んじていいとされている。それは僕にとってギャルゲーやライトノベルが通過した状況と同じに見えるのだけれど、そういうふうに考えて、それらの作品を読み正して(まさに読み正すのだ)みようじゃないかという人はあまり見かけない。結局だれも、自分の好きな物だけが好きなのだから当然だ。僕はしかし、昔から何が好きというよりも、狭い場所でひどく支持を集めていて、他からは顧みられないものが好きだったと思う。そこで何が起きているのかを見聞せずにいられない。そこで何かがなぜ面白がられているのか知って、そのことをこそ面白がりたい。昔はインターネットもその1つだった。

というわけで今ウェブで「恋空」の最初の方を読んでみたんだけど、これが意外に面白い。意外にと言うと他ならぬ自分がケータイ小説を軽んじているように思われるかもしれないが、しかし本当に思っていなかった部分に面白さを感じたのだ。話がどうとかじゃなくて、単に文体がキレてていい。キレてるというのは、中高生の文章としてのリアルさがある。いわばそのままなんだから当然だと言われたら困るんだけど、模倣ですらないというのはすごいことなのだ。女子高生の間で流行っているフォークロアを本人たちから聞いているように読める。前々から思っていたのだが、いい年をした職業作家が整った文体で、例えば「現代社会における女子高生の性と現実」だのを描いたとき、それを読むのが女子高生自身であることは、そしてそれに彼女たちが共感することは、とっくの昔に少なくなってしまっている。それはナイフを持った少年だろうが何でもそうで、結局のところ作家や読者は若者たちに託して自分たちの問題を読みたがっているだけである。

中高生はこういう物語をリアルだと感じて、中高生ではない人々はそこに奇妙を感じている。それは当然のことだと思う。「恋空」が持っているリアルさとは、設定や筋や人物像が現実と照らし合わせて確からしいかということとは関係ないからだ。このリアルさは、とりわけこの物語が熱心に流通させられる場所において宿るものなのではないだろうか。そこでは一般社会から明確に切り離された別の価値観やルールが動いている。「フォークロアを本人たちから聞いている」ような読み方をした僕はそのリアルさの片鱗を味わえたように感じて、だから楽しかった。

2007.11.24 | | コメント(9) | トラックバック(1) | [文章] [映像] [ゲーム

コメント

「ケータイ」で読む(or 書いた)「小説」ではなく、「ケータイ小説」という読み物だと思えば、個人的な違和感は氷解しました、ある程度。「小説」ではなく、「ケータイ小説」なんだと。

2007-11-28 水 23:44:45 | | ちらる #- [ 編集]

ちらるさん、コメントありがとうございます!

なるほど、「小説」とは別のものだという理解のしかたも、またよさそうですね。

いずれにしても、「低級」なものだという捉え方をする必要は全くないだろうなと思いました。フィクションは高いとか低いとかいう問題ではないと思いたいです。むしろ、ケータイ小説について積極的に感動を口にできる若い読者たちのほうが、フィクションに対してそのような寛容さを持っていてくれたらいいなあと願っています。

2007-11-29 木 19:36:27 | | ソメル #- [ 編集]

たま

恋空を小説と呼ぶことすらおこがましい

2008-01-03 木 02:16:51 | | #NRSPyfuM [ 編集]

無記名の方、投稿ありがとうございます!
「何を小説と呼ぶべきなのか」という問題は難しいですね!それが長いこと作家や読者を混乱させてきたと思うのですよ。しかし「小説」という言葉が誰かにとって厳かなものであるならば、僕は恋空は小説なんかじゃなくてもいいと思います。従来の枠組みで格付けされ得ないのに文句なしで支持されるテキストの束、それってすごいことじゃないでしょうか。実際、この物語を面白がっている読者はそんな権威なんて必要としていないかもしれない、むしろそうだったらいいなと僕は思っています!

2008-01-03 木 21:39:20 | | ソメル #- [ 編集]

 こんばんは。
 『ウェブ人間論』という本を読んだのですが、その中でケータイ小説についても少し触れられていて、内容としては、メディアとしてのケータイ小説、といった話だったのですが、それはともかくとして、恋空を小説と呼ぶことすらおこがましい、といったコメントもありましたが、今のケータイ小説に対する話は、ケータイ小説の賛否、というよりも、ケータイ小説がつまらない、という話をされるようなことが多いような気がします。だからソメルさんのように『恋空』そのものについて書かれていたり、とか、ケータイ小説だけどこれはすごく面白いよ、という小説が出てくるようになれば、ケータイ小説は認められるかも知れないし、そういう話がされるようになるような気がしました。
 個人的には、ケータイで文章を読むのは目が疲れるし不便だな、と思っています。

2008-01-25 金 18:21:26 | | SAGA #- [ 編集]

SAGAさん、こんばんは!コメントありがとうございます!
「目が疲れるし不便」というのはありうると思います。僕もパソコンで読んでしまいました。そして、読み方が自分にそぐわなければ、読まなくたって構わない、読んでくれなくていいというのがケータイ小説みたいなものなのじゃないかな、と今は思っています。

その話とは別なのですが、ケータイ小説についてはもう一回記事を書こうと思っています。時間がないけど、書けるかな!

2008-02-02 土 23:35:39 | | ソメル #- [ 編集]

恋空やばいっ。
やばすぎるぅぅぅ!
新垣結衣ちゃん可愛すぎ♪♪

2008-03-20 木 11:11:31 | | 美加 #- [ 編集]

恋空はおもしろいですね。
原作本のほうを読んだんですが、主役の
美嘉さんの役が新垣結衣ちゃんに
ピッタリだなって感じました。
ヒロ役の三浦春馬もカッコいいと思っていました。
これは、ベストヒットだと思っています。
美嘉さんは実体験を元にした作品だから、
胸がきゅんと涙が出ました。
ヒロが癌になっても、あきらめない強さや、
たまに見せる弱音も、ヒロの表現だと
思いました。
挿入歌にもなっている、新垣結衣ちゃんの
CD「そら」もこの原作本にピッタリの
歌詞が刻まれていました。
最後になりますが、恋空を読んで、
何事にも、諦めない強さなどを
学べました。
美嘉さんの事が大好きになりました。
ヒロも天国できっと、きっと
喜んでいらっしゃると思いますよ。
美嘉さん、私にない強さや弱さ。
教えてくれてありがとう。
ベストヒットおめでとう。

2008-03-20 木 11:20:36 | | 桜菜 #- [ 編集]

美加さん、桜菜さん、コメントどうもありがとうございます!お二人の愛に溢れたコメントがホントに気に入ってしまって、おいそれとレスを付けられませんでした!!!今さらくだらないレスでごめんなさい!まじで!!ばかだよなー僕は。

2008-04-30 水 23:24:42 | | ソメル #- [ 編集]

コメントの投稿

トラックバック

この記事へのトラックバックURL


FC2ユーザー用トラックバックはここ

「恋空」についてのブログリンク集

恋空 に関するブログのYahoo、Google、Goo、Livedoor検索による最新の口コミ情報をお届けします!…

2008.01.29 | 最新ブログをまとめて検索

 | INDEX | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。