スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | |

スマーフ男組「スマーフ男組の個性と発展」

10月ぐらいからずっと年末進行のような多忙さである。個人的にはもうすっかり2007年は「ゆく年」扱いであって送り出す気まんまんだが、暦の上ではまだ12月にもなっていないという。勘弁してほしい。しかし自分としてはすっかり2007年は終わり気分であるから、今年を総括したようなことも考えたりする。今年はいろいろなジャンルで目新しい動きがあって、いい年だったと思う。数年前の年末年始に味わった、あの空転しているような停滞感はないようだ。

個人的にそれを一番感じたのは、やはり音楽においてだった。音楽というジャンルは10年前には他の全ての文化を牽引する新しさがあったが、ゼロ年代に入るころから細分化を重ねて全体に波及するようなダイナミズムを減少させ、先鋭的な音楽のあり方が社会全体を暗示するようなことはなくなったように思う。たしかに、今年もやはりそうではあったのだが、しかし今年はこの数年のミニマルな動きがようやく他ジャンルの動きと符合して新しい時代を印象づけられるようになったのではないか。先日以来あちこちに書いているPerfumeの話だってもちろんそうなのだが、しかしやはり今年RAW LIFEが行われず、代わりにCHERRYBOY FUNCTIONが素晴らしいアルバムをリリースし人々が絶賛をもってそれを受け入れたということのほうがより新しい時代の到来を端的に示しているとも思うのだ。またもちろんDE DE MOUSE「EAST END GIRL」や、またカクバリズムの諸作はその存在自体で新しい時代を示してくれたと思うし、何を差し措いても七尾旅人がようやく今年において「911」と名に冠したアルバムを世に問うことができたということこそが象徴的なトピックだったとも思う。以前□□□を聴いたときにあれは希有なものだったんだけど、今作ではそう言わなくてよくなった感じがするのもそれゆえだろうか?それには、アーティスト自身よりも状況の変化が大きくかかわっている気がするのだ。

ともあれ、今年は相手を問わず誰かに「面白いから聴いてみて」と勧めたくなるものが多かった。今年の「新しいもの」は、単に「去年なかったもの」ではなくて、その新しさを人に体験してもらいたくなるものだった。そのことこそが、音楽が新しい時代を迎えているということなのだと思う。また、誰もに聴いてもらいたくなるようなものとは、この時代の音楽のあり方そのもののようにも感じられる。

ややこしい話になった。本当に僕がしたいのはスマーフ男組の話である。何だかんだと言ってはいるが、僕が今年最も衝撃を受けたのは「スマーフ男組の個性と発展」だと思う。何せ、このアルバムは別に今年っぽくないのだ。今年っぽくないはずである。今っぽいからいいんだよと言えれば話は簡単なのだが。いや、分からない。すごく新しいのかもしれない。僕はこのアルバムに好意しか持ち得ない。好きに決まっている。なぜかというとこのアルバムが超ヒップホップだからだ。いや、しかしその言い方には語弊がある。なぜならこれはいわゆるヒップホップのアルバムとは言えないからだ。では少し言い方を変えてこれを「ヒップホップ的だ」と言うことも可能なのだが、それも本質とは異なっている。なぜならこれは別に「ヒップホップ的」なのではなく、僕がもともと感じたのはヒップホップそのものと言う方がまだ近いからだ。その他、オールドスクールエレクトロに忠実なファンクネスがあるとか黒いとかラリってるとかイルだとかフレッシュだとか、これはどんな言葉でも表すことができると思う。でも僕の感じた好印象に対しては遠すぎる。かくして僕の文章能力の拙さだけが突きつけられる格好となるわけだが、しかしそれは対応する言葉を知るかどうかということ以上に意味深かった。世界の限界を僕の言語と定めてこれを書いてきた僕にとって、言葉にできないものというのは驚きであり、感動だったのだ。たとえ言葉がついには世界を写す鏡ではないとしても。だからあとはただ、頭を垂れてこの音楽に身を委ねるしかないだろう。陵辱されるかのように。最初に聴かせてもらったときから、ずっとこれを説明したかったが、12月になっても僕の言葉は追いつけなかった。すごいことだ。僕にとっては、そういう音楽であった。だからこれが今年一番心に残った。ああ、こんなことしか書けない。そうじゃないと言っているのに。
とても、すきだ。

2007.11.29 | | コメント(2) | トラックバック(1) | [音楽] [文章

コメント

よさそうですねスマーフ男組。今度ぜひ聞いていきたい!!

最近は小林大吾さんという方が気になってます。
ご存知かもしれませんが、URLのとこから聞けますよ。

2007-12-12 水 02:55:35 | | Wen #- [ 編集]

Wenさん、コメントをありがとうございました!小林大吾は僕は気になっていますがまだきいていません。
あとできいてみます!おしえてくださってありがとうございました!

2007-12-31 月 19:40:36 | | ソメル #- [ 編集]

コメントの投稿

トラックバック

この記事へのトラックバックURL


FC2ユーザー用トラックバックはここ

Graduation

前作までとは打って変わった感じの曲も盛り込んできてますね。Strongerは聴けば聴くほどカッコイイです。不思議にカッコイイです。アルバム全体のつくりも、流石カニエさんと言った感じです。安心して聴ける一枚です。先行2曲「Stronger」と「Can\'t Tell Me Nothing」の...

2008.01.07 | ヒップホップの日

 | INDEX | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。