スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | |

ダンジョンメーカー 魔法のシャベルと小さな勇者

ここ2カ月ほどはゲームばかりやっていた。その前は少しもゲームをする気にはならなかったのだが、どうも小説を読まないときはゲームをやっているようだ。いろいろやっているのだが、いま一番熱心にやっているのは「ダンジョンメーカー 魔法のシャベルと小さな勇者」だ。このゲームはPSPの「クロニクルオブダンジョンメーカー」をDS用に作り替えたもので、元とは全然違うゲームになっている。どうやら対象とするプレイヤーがかなり低年齢層らしく、ゲーム自体もそれなりに簡単だ。そのせいかどうかはPSP版をやったことがないので分からないが、しかし「呈示される条件通りのダンジョンを作ってモンスターを呼び込み、内部を探検する」という楽しみ方はあんまりできないんじゃないかと思う。僕は最初「自分でダンジョンを作る」と言われて漠然と「ローグ」とか「不思議のダンジョン」みたいなものを想像していたのだが、結局このゲームは、なるべく効率よくダンジョンを歩き回れるように部屋を並べて宝や食べ物を集めていけばいいわけで、必然的にどのダンジョンも似たような部屋の配置になる。具体的には三方向に部屋のあるブロックを並べた、まるでマンションのように整理された構造を持ったダンジョンを作るのが一番やりやすいのだ。故に探検するためのダンジョンというよりは、効率の良い屠殺場を作っているような気分になる。だからといってこのゲームが面白くないわけでは全くない。むしろ面白い。難易度の低さも相まって、ダンジョンの構築作業は「作業」に近いのだが、その作業の微々たる面倒さがヒマつぶしにちょうどよいと思う。

もっとも、このゲームは初心者向けでありながら、魔法の選択画面で呪文の名前が出ないとか、ワープの魔法がシステムウインドウで開いたときとフィールドで使用するときで上下ボタンの役割が逆になっておりわかりにくいとか、商店で誰がどの武器を持てるか視認できないとか、メニューのページ移動がLRボタンで可能だったりできなかったりする等々、なぜだかシステム面で不親切な面がいっぱいあるのが不思議だ。また、当初、もう少し難しくなる予定だったのではないかと思わせる節もある。手に入れたアイテムを店に売れば無限に増殖可能だとか、とりわけゲーム序盤には有り余るほど手に入るとか、そのせいで倉庫の意味が実質失われているとか、死ぬことによるペナルティが全くないとか、バランス調整に苦労するまでもなく制作者の胸先三寸でどうとでも改変だったであろう部分が妙に簡単すぎるようにできているのだ。「ここがこうだったらほどよい難しさだっただろうなあ」と思うことが多すぎる。だからひょっとしたら最終的な段階で「やっぱ子供向けのゲームにするというのがPSP版との違いなわけだから、簡単すぎるくらいにしよう」という判断があったのかなあなどと思うわけである。しかしそのように不自然な簡単さはあっても、後半になると部屋の値段が高くなって金欠気味になり、ダンジョン作りの作業の面倒さがいくぶん増していくという微妙なバランス調整はいい感じで効いていると思う。また後半に行くにつれてパラメータを強化するための食材集めが面倒になるのもいい。

だがこのゲームを熱心に僕が続けた最大の理由は、とにかくテキストが面白いからだ。難易度を易しめにしてあるからといって、このゲームにはいい加減な物語が載せられていない。たしかに物語はライトなタッチで面白おかしく進行するが、書き手が非常に丁寧である。メモを取っていなかったので正確に書けないが、物語の核であるはずのシャベルが「アレがアレだな!」と言ってマトモに会話を行わなかったり、ボス戦では必ずどこかに隠れてしまったり、手に入れたアイテムが以後は勝手に商店で売られはじめることについて「大人の事情だ」と言ったりするようなギャグは、単に大人が子供向けに書いているという感じではなく、コミカルなテキストとして誰でも楽しんで読めるものになっている。個人的には苦労してようやくボスを倒したときに「一回り大きくなったな!(持ち物を入れる袋が)」みたいなことを言うのが面白かった。ヒロインであるメイミのツンデレぶりもよい感じだし、ぼーっとしているだけだった主人公が次第に勇者という職業について考えていく心理描写も巧みで、成長物語として十分楽しめると思う。この手のゲームにおけるライトな文章というのは、子供向けだから易しい内容にしようとしたあげくに単に子供だましにして手を抜いたり(全く子供をバカにしていると思う)、そうでなくても読み手を楽しませるということを誤解してゲーム好きやオタク向けの内輪ネタみたいなことを延々と書くものが多くて僕は好きではないのだが、このゲームは万人に受け入れられる今風のテキストを非常にまじめに書いていて好感が持てる。このようなライトユーザー向けのリメイク作が丁寧にライトなテキストを書いているというのは、本来そうであってはいけないことなのだが、全く意外なことだった。こういう文章のほうが単に重苦しいばかりのものを書くよりもずっと難しいことだと思う。

2008.01.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | [ゲーム] [文章

コメント

コメントの投稿

トラックバック

この記事へのトラックバックURL


FC2ユーザー用トラックバックはここ

 | INDEX | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。