スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | |

Aimee Mann「Save Me」

加護亜依に起こったことについて僕はもう何にも書けそうにないし、だったら何も書かないことが賢いことなんじゃないかと思った。そもそもこのブログの形式は一人のアイドルの現在進行形の騒動について何も書けない、などと書くのには適していないのだ。それに以前、これ以上彼女に何かを言うのはもうかわいそうでできないと僕は思ったのだ。その気持ちは今も変わらない。しかし何かキーを叩いて標準出力に吐き出された結果を残しておかなければいけないと思い直した。何か言わなければ、必ず何かが決定づけられる。僕の気持ちはそこになかったことになる。僕は別に賢しくありたいわけではない。

タイトルに掲げたエイミー・マンの曲は映画「マグノリア」の中で使われている。PVにも映像が使われている。この曲について必要な解説は、みんなこちらの20000320という文章でなされている。この解説は本当に素晴らしい。長いから引用はできない。だからぜひあなたに読んでほしい。加護亜依のことを考えて、僕はこの歌とあの映画とを思い出したのだ。この映画は「ジョジョの奇妙な冒険」でも何カ所か引用されているので、それだけの興味で見ていただいても構わない。

加護亜依は謝ったりする必要はない。リストカットがどうとか(本当に書くのも嫌だが)話す必要はない。何が梨元だ。どうしようもない。愚鈍としか言いようがない。梨元勝という芸能レポーターが下劣か否かとか、メディアとしてオーマイニュースの志は高いか低いかという話はしなくたっていい。そんなことより、しかし彼女は天才だったじゃないか。それは事実でしょう。そのことを知らない人もいるとは思う。最悪なことに、もはや彼女の近くにいる人間の誰一人もそのことを認めないのだ。だからああいう酷たらしいだけのアングルでインタビューは企画されそれだけの価値のものが公表される。しかし誰か、彼女の素晴らしさを知っていたでしょう。あんなにたくさん、彼女の天才を讃えた人がいたはずでしょう。みんなさっきまでの僕のように黙っているのかしら。誰かいませんか! 彼女に行われていることを悪意あるものとして批判せよとは思わない。あえて無視せよとも思わない。そういうレベルに堕している場合じゃない。たしかに誰にとっても価値がないと言ったら嘘になるのだ。しかし、価値と言えば僕はとにかくあのすごい天才を信じるよ。畜生。もうそんなものしか残っていやしない。そうすれば彼女を助けることができると確信できないのが悲しい。だけど僕は夜祈る。僕は信じるのだ。

2008.04.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | [音楽] [映像] [マンガ

コメント

コメントの投稿

トラックバック

この記事へのトラックバックURL


FC2ユーザー用トラックバックはここ

 | INDEX | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。