スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | |

hon-nin列伝 セキララなオンナたち

吉田豪については今さら僕が説明するまでもないがとても面白い仕事をしているライターで、中でもインタビュアーとしては非常に素晴らしい仕事をいくつもこなしている。僕も最近なぜかよくインタビューをするんだけど、吉田豪みたいにやるのがベストだよなあと思いながら、できないでいる。悔しい。吉田豪のインタビューが面白いのは、やはりタレント本を買い漁り、またメディアなどでの発言を偏執的な情熱でチェックして、インタビューイが完全に忘れていたような濃厚でダークなエピソードを切り出すところだ。東郷健や楳図かずお、角川春樹などにインタビューしまくった「人間コク宝」は読んでいないが、往年のアイドルに現役時代の暴露話を聞いた「元アイドル!」が大好きだった僕としては、「hon-nin列伝 セキララなオンナたち」はすごく面白い。

この本は荻野目慶子や土屋アンナ、麻生久美子などに話を聞いているが、僕の周囲ではなぜか麻生久美子が幼少のころ貧乏でザリガニ釣りをして夕飯に食べていたという話がインパクトがあったらしく、「hon-nin」掲載時に複数の人から「麻生久美子ってザリガニ食ってたらしいね」という話を聞いた。でもたしかに、麻生久美子の回は面白いと思う。河合義隆や深作欣二との関係をストレートに語る荻野目慶子の回が面白いのは当然だが、麻生久美子の方はかなり意外な話がポンポン出ているところが、いい。

彼は基本的にあらゆる芸能人を人間として扱っていないと思う。人間じゃないもの、超人として扱っている。または、プロレスラーとして扱っている(プロレスラーが人間ではないなんてことは今さら言うまでもないことだ)。ものすごくへりくだるというだけでなく、超人なのだから常人には察しがたい部分がたくさんあるわけで、そこをちゃんとタレント本などから見つけてきて、ご本人の意見を拝聴するわけである。そういう姿勢が面白い。付け加えるならば、彼自身がその自分のスタイルに対してどこか微妙な矜持を見え隠れさせてしまうところも、またプロレス的なものを感じさせて、僕は嫌いではない。

僕が吉田豪を評価しているのにはもう一点あって、それは、彼が、とても、本当にサブカルライターらしいところだ。彼の書くものはかつてのサブカルライターやサブカル雑誌の楽しかった部分を僕に感じさせてくれる。それはどうかするといまサブカル雑誌と呼べるものにすら備わっていないものだが、吉田豪の場合は文章の端々とか物腰からじゃなくて、彼の仕事の全体から何となくそれが漂ってくる。そこがまたサブカル的で、たぶん僕はそれで彼を好ましく思うのだ。

2008.04.30 | | コメント(1) | トラックバック(0) | [文章

コメント

急いで書いたのでなんか文章がすげえひどかったのでちゃっちゃと直した。恥ずかしい。

2008-05-01 木 17:29:32 | | ソメル #- [ 編集]

コメントの投稿

トラックバック

この記事へのトラックバックURL


FC2ユーザー用トラックバックはここ

 | INDEX | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。