スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | |

鉄コン筋クリート

鉄コン筋クリート」を三冊急いで読んで疲れた。

個々のキャラクターはもちろんその関係からストーリー全体に至るまで、基本線は極端に単純化して作ってありながら、時折ひどく複雑な部分を、たぶんわざと挿入しているのが妙。

特に絵に関しては、各コマに描かれる対象や構図が綿密な計算に基づいて決められている。これは絵が上手いとかそういう話とは別の問題で、注意してみると不自然に感じるほど比喩的な表現ばかりが使われているということである。絵がそうなのであるから、ストーリーやセリフが複雑に見える部分も、複雑なんじゃなくて謎めかせているとかフィーリング的に表現しているだけなのかもしれない。少なくとも絵に関しては、すべて何らかの説明が付くように描きつつ、セリフやストーリー展開がそれを裏切っていくというような印象。

これをさらに発展させて分かりやすくしたのが「ピンポン」なんだと勝手に理解しているが、ピンポンはもうちょっと後で読む予定なのでその予想が正しいかどうかはよく分かんない。

2006.11.13 | | コメント(0) | トラックバック(0) | [マンガ

コメント

コメントの投稿

トラックバック

この記事へのトラックバックURL


FC2ユーザー用トラックバックはここ

 | INDEX | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。