スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | |

相対性理論「シフォン主義」

「オルタナティブ」「ミクスチャー」「アブストラクト」などの言葉を「ジャンル」として認めたときから、音楽の世界では既にすべてのジャンルが相対化されていた。もっと前、その前から、DJではない、単なるリスナーが、そしてミュージシャンが、レコード箱を漁って音楽のシーケンシャルな進化を退けたときから、そうなっていた。「レア」とか「グルーヴ」という言葉で価値は順位づけられていたが、「オルタナティブ」や「ミクスチャー」以降の世界では、それすら意味を持たなくなった。サブカルチャーの分野では、おそらく、音楽には最も速く、早く、すべては相対化された。ファッションは、長きにわたって音楽の動きを観察し、それをモードとして採り入れ続けたが、やがてそれがすべてが等価になるということを意味するのだということがはっきりする頃から、それをやめたのだ。

相対性理論がなぜよいのか、ということについてずっと考えている。相対性理論は、僕にとってそこまで心が躍らされるバンドじゃないかもしれない。しかし耳に残って、気になって、耳を傾け続けている。みんなも「これに何かあるんじゃないか」という顔をしている。

僕の考えでは、「みんながこれに何かあるんじゃないか」という顔をするというときには、少なくとも、これがたとえ「誰もが絶賛すべき何か」じゃなかったとしても、「みんながこれに何かあるんじゃないかという顔をする」という理由が何かあると思っている。そこには何かあるはずで、僕はいつもそういうものが知りたい。だから考えている。でも難しい。しかしようやく「シフォン主義」を聴いたので、何か書けねばならない。

例えばこれはジャンルを違えた形であったら「ファンファーレ」のころのロロロのようである、という言い方ができる。音楽というものは、今や、そういう言い方ができてしまう。二つのバンドは、参照されているデータベースの項が違うだけだと言ってもいいかもしれない。しかしどうやら、データベースが参照されている目的が全く違う。今、価値のすべてが相対化した中にあって、我々に残されているものとして僕が注視すべきのは、データベースが参照される態度なのではないだろうか。最近、何度も思う。

話が逸れた。逸れてはいないが、相対性理論を離れてしまった。

このバンドは「あれのようだ」「これのようだ」「何かに似ている」と思いながら聴いているうちに、最後に尾ひれのようにオリジナリティを囁こうとしているバンドのようだ。例えばそれは「LOVEずっきゅん」というフレーズの連呼であったり、あるいは「夏の黄金比」における男声コーラスのようなものだ。何かの集合体のような、何かからの剽窃で作ったふうなものを、さりげなく、無意識を装いながら作り上げて、最後にひどく素朴な要素を紛れ込ませることで別のものにしようとしている。音楽的にはそのようなものだと思う。しかしそういう意味では「テレ東」は逆の作り方がしてあるようだ。

音楽が難しいのはそれだけでは話が終わらないところで、このバンドが最も面白いのは、歌詞だ。凛としてかわいらしい不思議少女チックな女の子ボーカルが木訥としてマンガそのもののような遠未来サイキック少女ものストーリーを歌い上げる。「四月革命」「スマトラ警備隊」の歌詞に顕著だ。

やってきた恐竜 街破壊
迎え撃つ私 サイキック
更新世到来 冬長い
朝は弱い私 欠伸をしてたの

太平洋 大西洋 ここ一体何平洋よ
盗んだわたしの記憶をかえして
CIA KGB FBIに共産党の陰謀よ
誰か私を逃して

飛んでったボイジャー 惑星破壊
なすすべないあなた サイコパス
環状線渋滞 先長い
待つのつらい私 ゲームボーイしてたの

北極星 超新星 流星群にお願いよ
誰か止めて あの子のスーサイド
新幹線 連絡船 運命線よおしえて
私明日は どこでどうしてるの

思わず全文を引用してしまった。これでは引用の条件を満たせないかもしれない。しかしやはり、本当にこれは詩がいいのだな。このバンドは。「凛としてかわいらしい不思議少女チックな女の子ボーカルが木訥としてマンガそのもののような遠未来サイキック少女ものストーリーを歌い上げる」ということ自体、何かの引用から、何かと何かのミックスからモザイクから成り立ったような概念でありながら、それを措いてなお、この文字の並びはとても素敵だと僕は思う。だから僕はこのバンドのここが好きなんだと思う。

でも、このバンドが、最も、本当に、まさしく、僕が「ここが面白い」と思うところは、この詩を書いているのがこの歌を僕らが切ながるような有様で歌ってくれるボーカルの女の子じゃなくて、全然そうじゃなくて、ベースの男の子なんだ、というところだ。女の子はその歌詞を受け取って、彼女なりにあれこれ考えながら歌っている。彼らはそれを何となく作って何となく歌って何となく演奏している。でも拗ねたりしていなくて、ちっとも嫌いなそぶりはない。だけど、何となく愛する音楽を、溜め息でも吐き出すように、彼らはやってそうに見える。そしてそこが、「ファンファーレ」のころのロロロに感じたものとの違いでもある。

だからライブはきっとあんまり面白くないのじゃないかって僕は思うんだけど、これで実は女の子がすっごくお客さんを煽りまくったりしたら本当に面白いんだけど、そういうことはないバンドだと思う。それでも毎日、バイクに乗りながら口ずさんでいるのだ。なぜなんだろう。でも何度も口ずさむと楽しくなる歌なのだ。

コントレックス箱買い
コントレックス箱箱箱買い

2008.05.31 | | コメント(7) | トラックバック(0) | [音楽] [文章

コメント

うまく説明できないんですけども、ワタシの中では、ジッタリンジンに対してみんながとる距離感と相対性理論のそれは似ています。歌詞の言葉の選び方も歌いかたも曲調も、一つずつ取り出せばそれほどオリジナリティは感じないのに、合わせてみると何かシンプルな力が出てくる感じ。デモテープみたいなシンプルさ=原石っぽさ?でも実はそれは計算済み、という。

2008-06-01 日 10:30:39 | | polytope #- [ 編集]

polytopeさん、ご意見ありがとうございます!参考になります!

そうそう!そうなんですよ。ひとつひとつにはオリジナリティを持ってないんですよね。だから歌詞も、最初アニメ的なリアリズムを歌ってるから新しいのかなと考えてみたんですが、こういうものがこれまで全くありなかったかと思ったら首をひねってしまったんです。だからオリジナルな良さというわけじゃない。
で、そのひとつひとつにオリジナリティがないところから、ぼけーっと聞いているとくるっと反転するようにオリジナルな要素が聞こえてくる、みたいなところがあるバンドかなと思っています。それの大本として鳴っている部分が「LOVEずっきゅん」の連呼みたいなものじゃないかと僕は踏んだので、そこまで含めて意識的なバンドなのだろう、とは思いました。ただ、そうなると手を変え品を換えの1つみたいに見えてくるんですけど、それでも僕はこの歌詞のようなものは単純に好みだった、そして言ってみればアイドル的にそれが作られているからそこも気に入った、という結論は何とか出せたように思えます。

2008-06-01 日 12:18:45 | | ソメル #- [ 編集]

MySpace等で相対性理論を聴いてみました。

作詞をしているベースの方は、理系の勉強をしている方なのでしょうね(そもそも“相対性理論”というバンド名が)。
>太平洋 大西洋 ここ一体何平洋よ
“何平洋”とは、ゴンドワナ大陸の頃などの大海のことなのでしょうね。

相対性理論の演奏や歌詞から、初期~中期のR.E.M.のセンスを感じてしまった私はズレていますでしょうか?

2008-06-01 日 17:00:32 | | uy-blog #- [ 編集]

楽しく読ませていただきました。
相対性理論のすごいところは、
シフォン主義は結成2ヶ月の頃の音源なんですよね。(ベースの人なんか、ベースにコンバートして2ヶ月くらい)
そして、テレ東は結成1年弱の頃の音源。
だから、きっと、今はもっと成長してると思います!

2008-06-03 火 14:01:56 | | ドドリア #- [ 編集]

uy-blogさん、「ゴンドワナ大陸の頃などの大海」というのは面白いです!!するどいご指摘ありがとうございます!
なるほど!!!僕は、そのお言葉から、超能力大戦後の大陸とかぶっつぶされてどこがどこやら分からなくなった地球を連想できました。なるほどなあ。

R.E.Mというのも面白いですね。90年代後期にあったR.E.M再評価の流れの末端にたぶん相対性理論は位置づけられると思うので、ずれてはいないと思います。

ドドリアさん、情報ありがとうございます!
なるほど、そうするとテレ東はむしろひねった結果なのかー。そうなるとシフォン主義からはかなり変わってるはずなので、今の音源に興味が出ました。YouTubeに一個だけ上がっていたライブ映像はちょっとやっぱり想像の域だったけど、これで客席がガンッガン踊ってたりしたらそれはそれで面白いかも、と思いました!

2008-06-05 木 00:19:29 | | ソメル #- [ 編集]

感謝

なんとなく見つけて、気になってしかたがなくなった曲でした。スマトラ警備隊。

携帯で検索してダラダラ見てたらこのブログ(?)発見。

音楽のこと…バンドのこと…なんかさっぱりですが、

すっきりしました。
本当に、すっきり!

この曲がどうして頭から離れないのか…わかった感じがします。ずっとわからないまま聴いていたいけど。

とりあえずもやもやしなくなりました。不安なしでドライブしながら聴けそうです。

ありがとうございました。

2009-09-16 水 23:26:32 | | ボイジャー #- [ 編集]

ボイジャーさん、コメントありがとうございます!
作品の解釈は決して一通りなものではないでしょうが、拙文で「スマトラ警備隊」についての理解を深められたとおっしゃってくださるならこの上ない喜びです。
ぜひドライブのおともに相対性理論を楽しんでください!

2009-10-27 火 11:44:22 | | ソメル #- [ 編集]

コメントの投稿

トラックバック

この記事へのトラックバックURL


FC2ユーザー用トラックバックはここ

 | INDEX | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。