スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | |

MAN HERE PLAYS MEAN PIANO

SUEMITSU & THE SUEMITHを聴いていた。アルバムに入ってないけど「Astaire」はなんだかマッシュアップの元ネタにされそうな曲だ。それはそうとピアノが完成された楽器だというのはよく言われることで、たまにピアノがフィーチャーされたバンドの楽曲を聴くと流れるような旋律の美しさに感動するんだけど、その期間はかなり短期に終わり、すぐに鍵盤をメインに据えているバンドはどれも同じに聞こえだして、またかなり長期にわたって聴くのをやめてしまう。なぜだろう。完成された楽器故に新しい個性的なアレンジが成り立ちにくいからなのだろうか?わからない。あーでもタッカーは別だよ!だってあれはエレクトーンじゃないか。だからいいんだ。ピアノは燃やすと怒られそうだし(知らないけど)。

2006.11.13 | | コメント(0) | トラックバック(0) | [音楽

コメント

コメントの投稿

トラックバック

この記事へのトラックバックURL


FC2ユーザー用トラックバックはここ

 | INDEX | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。