スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | |

PS版の「街」をやっていた。先月からちょっとずつプレイしているので全然進まず、まだ全員1日目。急ぐつもりがないので思い出したときに少しずつプレイしようと思う。本棚から久々に取り出した小説をパラパラめくるような感じだな。

このゲームのシナリオは本当に素晴らしい。大変よく練られ、推敲されて、豊かな文章表現力で書かれたものだ。小説としていいのかというとよくわからないが(なぜならこれは小説じゃなくてゲームだからだ)、少なくともゲーム上に表示される文章としては文句なく最高峰のものだ。僕は文章にこだわったゲームをやるのがそれなりに好きだが、これ以上に文章完成度の高いゲームは、まず見たことがない。

ほかに、ノベルタイプのゲームで、これは文章がしっかりしているなと思ったことがあるのは「CLANNAD」かな。でもこれも含めて、ギャルゲーとかエロゲーってどうしてひどい誤字脱字が目に付くんだろう。そういうのが目に入るということは、目に付かないレベルではもっとたくさんのミスがあるんだと思うし。僕はわりとシナリオで評価されるようなギャルゲーの校正ミスに厳しく、なぜならシナリオをウリにしてみせるくらいなら当然その程度のミスがあってはならないと考えるからだ。のちのちのバージョンで直せばいいとかいう問題ではなく、カッコ悪いじゃないか。「しょせんその程度」みたいに思われたら。そして作っている者も、そう考えながら作っていると思われたら。「街」にも誤字脱字や文法的におかしなところはあるが、まったく見逃していいほどに目立たない。この素晴らしいシナリオは、ちゃんとそういうところも当たり前のこととしてできているのである。

間違ってはいけないのは、校正作業ですべての間違いを消すことはできないし、突き詰めると正しい表現というものはどこにもないということだ。しかし誰もが突っかからずに読める、シンタックス・エラーを指摘されない状態にすることはできる。そして、それがシナリオにこだわったエンタテインメント作品なのだとしたらそんなの大前提だと思う。僕は、それがロリペド陵辱ゲームだろうとウンコの大冒険であろうと、そうあるべきだと思う。文章に対して自負するのだとしたら当然じゃないか。Keyはそれを理解しているから、ギャルゲーのシナリオにしては相当洗練された文章にはなっているが、個人的にはあともう少しだけ研ぎ澄ませてくれたら気持ちいいんだけどなあと思う。

街の面白さについて書こうと思ったんだけど、なんか違う話になった。

2006.11.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | [ゲーム] [文章

コメント

コメントの投稿

トラックバック

この記事へのトラックバックURL


FC2ユーザー用トラックバックはここ

 | INDEX | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。