スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | |

CON10PO

スチャダラパーの新しいアルバム「CON10PO」を聴く。先日シングルについて書いたが、やはりそのとき受けた印象に沿った内容であり、全く彼らはすぐれたヒップホップグループであって、「ライブを見たいな」と思わせた。だが、特に気になったのは先日書いた内容の中でも以下の部分だった。

ただ、近作においてはそれがますます判じ絵のような形でしか示されないようになってきているのが個人的には残念である。


「判じ絵のような形」と僕は書いていて、今聴いた新しいアルバムもまた、スチャダラパーのリスナーにとっての判じ絵のようなものだと思う。僕は取扱説明書にありがちな文句を並べた歌詞をひどく面白いと思えるし、それを楽しみ、そしてそれがアルバムの最初のナンバーになっているということをも喜べる。しかし、これはそのようなものを楽しむリスナーのための音楽である。

「今夜はブギーバック」の後にリリースしたのが「ドゥビドゥWhat?」であったときに、たしかヤン富田だったと思うんだけど(藤原ヒロシだったかもしれない。掲載誌はJAPANだったと思う。どちらも失念)、そのことを「理解できない」と言って、それに対して高木完が「いや、それこそコアなヒップホップリスナーのためのメッセージなのだ」というような返答をしたことがあった。そのとき僕は「理解できない」という意見は全くまっとうなものだが、しかし自分たちがセルアウトしていないというアピールがあることこそがヒップホップであるという高木完の主張は正しいと思った。その後のスチャダラパーは、そういう態度を通してヒップホップの矜持をリスナーに伝え、また、いくつかのパーティラップも含めて身近な音楽としてヒップホップの楽しさをも伝えたと思う。だが、ヒットチャートにヒップホップが普通に登場する昨今に、スチャダラパーは自分たちの意味を考えている。その答えが「CON10PO」である。

流行っているから、だから多数の中の1つとしてわーっと騒がないのが彼らである。しかし僕はそれは「セルアウトしているか否か」という議論と同一には感じない。「アレはほかの人がやってるから、俺らがやらなくてもいいや」というのは、「他とは違う」ことを意識しすぎた結果として吐かれる傲慢な嘘である。なぜならそれは、最終的に「他と同じ」結論が出るかもしれない可能性をあらかじめ否定しているからだ。今のヒップホップの世界は、多かれ少なかれ彼らが「他と違う」ものを広めた努力の結果としてある世界であり、これだけ自分たちを受容する環境ができあがっているのに、今度はそこから離れようとしてしまう。それはオトナらしからぬ照れなのだろうか?

その結果、スチャダラパーの「他とは違うということに敏感である」という姿勢をあらかじめ理解するリスナーだけが「なるほどな」と思える世界に達してしまっている。このアルバムは「ヒップホップってこういうのもあるんですよ」「こういうの好きな人もいるでしょ」という、おそらく彼らが期待しているであろう消極的な主張にすらなれず、単に彼らを知らない者には「理解できない」曲の数々としてある。ようするに、自分たちに対する理解を前提にしてしまっている。かつては「コアなヒップホップリスナーのためのメッセージ」としてあったリリースが、「コアなスチャダラパーのリスナーに向けてのメッセージ」にしかなれない。「スチャダラパーのリスナーにとっての」判じ絵であるとはそういうことである。僕が「ライブが見たい」と思うのも、ライブパフォーマンス自体は「盛り上げる」ことが第一義だから、そういうことを感じずに楽しめるからなのかもしれない。

2006.11.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | [音楽

コメント

コメントの投稿

トラックバック

この記事へのトラックバックURL


FC2ユーザー用トラックバックはここ

 | INDEX | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。