スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | |

EZ助手席ナビ

先日バイク用のインカムセットを買ったが、マイクが必要ないときはアンプを使わなくてもいいようにした。本来ならヘッドフォンからアンプへ有線接続し、アンプの外部入力に携帯をつなぐところを、アンプを介さずヘッドフォンと携帯を直接つなぐわけだ。しかし面倒なのはヘッドフォンからのケーブルがモノラル2.5φオスなので、携帯電話の平型端子用アダプタのさらに前に3.5φオスに変換するアダプタを付ける必要があるということだ。アダプタばかりゴテゴテと付いて非常に不安定で使いにくいが、ジャマなアンプを一掃してオーディオ再生は快適にできるようになった。

さて今日はちょうど上野から明治神宮前(渋谷寄りの方)まで移動する用があったので「EZ助手席ナビ」を使うのにほどよい距離ではないかと思って使ってみた。インカムを買ったらこれを活用してみようと思っていたのだ。「助手席ナビ」というのは要するにナビなのだが、わざわざ「助手席」と書いてあるのは、運転中に携帯を操作すると違反になるので「助手席の人が使ってね」という意味である。しかし運転者であっても、音声ガイドをヘッドフォンで聞くことができるので、事実上使うことができる。地図を見たり操作したりするのはダメだが。

実際に使ってみると、お世辞にも賢いナビとは言えない。今回使った以外に、以前自宅近くで一方通行に入っていこうとしたので非常にイメージが悪かったのだが、やはりあまり賢くないようだ。ルートの選び方は、上野駅から中央通りを通って秋葉原を横断、靖国通りに出て、市ヶ谷まで行ったら外堀通り、赤坂御所の裏を通って国立競技場のあたり(SELANのあるとこ)から青山通り、表参道から明治神宮前駅前で明治通りに乗って目的地、という感じ。文字で書いてもサッパリ分からないが、要はやたらクネクネと曲がって遠回りしている。設定で右左折を減らすとかできないものかと思ったが、どうやらできないようだ。

また、音声ガイドのタイミングがおかしいことがある。1キロ先で右折とか言ってたくせに、その後900メートルぐらい走った後で「あと500メートル」とか言われて混乱する。「まもなく右折」というのも、要は「目の前の交差点で」ということである。ただ、僕はナビと言えばレンタカーにたまたま付いていたやつしかマトモに使ったことがないためあまり慣れておらず、よく分からない。ナビというのは元来こういうものなのかもしれない。

従って狭い範囲で細かい道をナビさせるのには向いていないような気がする。半面、高速道路では便利そうだ。バイクだと地図が見られないためどのへんを走ってどこから降りたらいいのか分かりにくいので。

こういうレポートっぽい文章は全然面白くないので頭に来た。読み返して「だから何だ」と思った。こういうものを書く手法が見つかっていない。

2006.11.23 | | コメント(0) | トラックバック(0) | [ガジェット

コメント

コメントの投稿

トラックバック

この記事へのトラックバックURL


FC2ユーザー用トラックバックはここ

 | INDEX | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。