スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | |

鈴木亜美 joins キリンジ「それもきっとしあわせ」

鈴木亜美の最近の活動については人と意見が分かれて、僕は聴く前にかなり否定的だった。

僕はヒットチャートとは一線を画するようなミュージシャンがアイドルをプロデュースした仕事を、そんなに嫌いじゃない。むしろ好ましい。しかし、この企画はよくないと思った。最初にこの企画を知ったのは雑誌広告である。そこにあった鈴木亜美の写真には人形然とした演出が施されており、それを見たからこそ、僕はげっとなった。その広告はアイドルというものを批評的に表現しているわけだった。この批評性が、よくある陳腐なものだからいけないということではない。そうではなくて、ならばこの操られる人形というポジションにいるのは間違いなくアイドルでなくてはいけないだろう、ということだ。ここに今の鈴木亜美は来ないだろう。僕はそう考えたのである。まず今の鈴木亜美をアイドルの立場にあてがうのは勘違いも甚だしい。2007年において鈴木亜美が何かを象徴しているにしても、いわゆるアイドル性ではないのである。そして、鈴木亜美は提供された楽曲を「ボーカリスト」として歌うだろう。かくしてこれは、「アイドルから脱皮した『ボーカリスト』が、一癖も二癖もあるミュージシャンとコラボレートしました」などという企画なのである。そんな白々しいものの何が面白そうであろうか。馬鹿馬鹿しい。鈴木亜美を使って何かをしたかった人がいて、そいつがミュージシャンをあてがっただけである。つまり、この企画者にとってはいまだに鈴木亜美はある意味アイドル性を保っているわけではあるのだろうが。

かくして僕は、「鈴木亜美はアイドルというアイコンとしては成り立たないでしょう。それをあえてアイドルプロデュースのように見せようとする気持ちが分からない」と言った。相手は「だからいいんだよ」と答えた。そうして僕はBuffalo Daughterのプロデュースした楽曲を聴くに至り、案の定何の面白さもない、と思った。これは、鈴木亜美が歌う必要が全くないではないか。鈴木亜美が何かを象徴しているのならそれが発揮されているべきだが、彼女はやはり「ボーカリスト」としてこれを歌い上げてしまっているし、Buffalo Daughterは彼女をボーカル音色としてのみ処理したがっているように思える。

しかしキリンジの提供した「それもきっとしあわせ」を聴いて大変驚いた。これはまさに、今の鈴木亜美のための曲である。

歌いたい歌がある
私には描きたい明日がある
そのためになら そのためになら
一人の部屋も怖くない

歌いたい歌がある
私には描きたい明日がある
そのためになら そのためになら
一人になっても

歌いたい歌がある
私には伝えたい想いがある
そのためになら そのためになら
不幸になってもかまわない

こんなことを今の鈴木亜美に言われて、胸が打たれない理由があろうか。アイドルと与えられる楽曲が相互を補完しあいながらリスナーに感動を抱かせる、アイドルポップスの本質がここにはある。僕がここまでに記したようなことをすべて踏まえた上で、「終わったアイドル」という現在形の鈴木亜美をプロデュースしたひねり具合は、なるほどキリンジらしい。いってみれば、例えば鈴木亜美がこの曲に何の感想も抱いていなかったり、またあくまで「ボーカリスト」として頑張ったつもりであったとしても、この感動は成り立ってしまうのだ。僕は上に「2007年において鈴木亜美が何かを象徴しているにしても、いわゆるアイドル性ではない」と書いた。キリンジは今の鈴木亜美が象徴するものを正しく判断して、それを楽曲にした。おかげで、この曲については大変素晴らしいものになったと思うのである。

2007.04.01 | | コメント(7) | トラックバック(0) | [音楽

コメント

御意

2007-04-11 水 05:23:33 | | #- [ 編集]

無記名の方、コメントありがとうございます!!!!
あなたがここで気持ちを表してくださったことを、とても大きなこととして捉えています。本当ですよ!!

2007-04-11 水 13:55:28 | | ソメル #- [ 編集]

この楽曲を聴きました。
同感です。
あなたの文章に感銘を受けました。

2007-04-14 土 14:08:00 | | 河南有治 #- [ 編集]

河南有治さん、コメントありがとうございます!
拙文に共感を示していただいて、とてもうれしいです。文章を書く甲斐がありました。どうもありがとうございました!

2007-04-18 水 05:10:23 | | ソメル #- [ 編集]

 でーた くん。

いい え でも、かけた かね。

 いち こじん と しては 

きみが あらゆる

たれんと

に めぐまれて いる ことは

りかい できる が

 それは ふぉーす

とは ちがうん だ よ。

 
もう あそび は おわり だ。

 そんな じょせい そう を

えがいて いると

 はいぱー。りありすむ。

んんう、

 という がいねん さえ

かいせき しなくては ならん。

 まったく わからん だろうが、

 たおれられても こまるbbb

だよ。

 ていとく と

して しんげん する。

 ぼーぐ の

「あいどる」を

「q」ちゃん にかいて

もらいなさい。

 「おもしろい」から。

あ^る ぐれい ほっろ きゅ^たん』で。

2007-08-28 火 03:38:48 | | じゃん りゅっく #iMiOW0gg [ 編集]

じゃん りゅっくさん、コメントしてくださってありがとうございます!
「q」ちゃんというのが誰か分からないです!

2007-08-28 火 09:53:16 | | ソメル #- [ 編集]

今更ですが、、感動しました

Mixiの日記で取り上げさせていただきました。
以下、日記の内容です。
-----------------------------------------
今日も夜はNETでPerfume関連の探索をしていたところ、きっかけはたぶん2chあたりだろうと思われますが、「Quick Japan Vol.74」という雑誌にPerfume特集が組まれていたと言うことで、記事の内容がどこかにうpされていまいかと検索をしたところ、こちらのサイトにたどり着く訳です。
http://someru.blog74.fc2.com/blog-entry-109.html

このブログの記事の「音楽」カテゴリーの履歴を、過去の記事から読み漁った結果
      ”鈴木亜美 joins キリンジ「それもきっとしあわせ」”
というタイトルの記事がありまして、みなさんもご存知の通り、「鈴木亜美」と言えば「MEG」と共に、今や「中田ヤスタカ」ファミリーの一員な訳ですね。その鈴木亜美の曲で過去に「キリンジ」がプロデュースした作品があると。「キリンジ」はご存じない方も多いでしょうが、兄弟ユニットで非常に私が好きなアーティストです。サウンド的にはジャズ風味だけどすごく軽やかで耳ざわりが良く、心地よいサウンドで、大人っぽい雰囲気。何と言うか「玄人受け」するタイプ。一般受けしそうにないから、当然ヒットには恵まれないアーティストです。

というわけで、今日はキリンジの作品もいくつか紹介したい。
まずはPerfumeつながりと言うことで「雨は毛布のように」はあ~ちゃんが大好きなaikoがバックコーラスとして参加しております。
http://www.youtube.com/watch?v=xK7XLnvIC6Y
キリンジのデビュー曲の「双子座グラフティー」は一番とっつきやすい曲です。
http://www.youtube.com/watch?v=YeWjcjOEuio&feature=related
「キリンジ」の代表作であり最高傑作と思われるのが「エイリアンズ」です。
http://www.youtube.com/watch?v=AwxNaRixAUk&feature=related

そのキリンジが鈴木亜美をプロデュースした作品について、上記の記事では絶賛してるんです。で、聞いてみたくなったので、例によって「ようつべ」で検索したら、まぁ、あったわけなんですけど聞いてみたらこりゃまたびっくり!
いきなり聞き覚えのある男の声が、、、。そう、宇多丸さんのラジオ番組をエアチェック(録音)してそのままようつべにうpしちゃってます。宇多丸さんもこの曲を絶賛しまくりです。だいたい自分の番組で流すぐらいの曲ですからお気に入りなのは当然ですが、「iPodで歩きながら聞いてたら街中で号泣した」などと、絶賛具合がすごいです。説明の後に流した曲を聞きましたが、確かに絶賛に値するすごい名曲でした。おそらく全く売れなくて、話題にもならなかったと思いますが、これは彼女のアーティストとしての歴史に残る名曲だと思います。

Perfumeの楽曲の中には「PSPS」という名曲がありますが、これはまさに「PSPS」の鈴木亜美バージョンと言える内容なんです。「PSPS」が名曲たる所以は、あの時の、あの状態のPerfumeの状況にあわせて作られたと思われる歌詞の内容が我々ファンの心を激しく揺さぶる点だと思います。まさにこれは元アイドル、鈴木亜美のあの時の状況に会わせて作られた歌詞と、歌詞にぴったりの、もの悲しいような少し大人の感じの曲です。とにかく、歌詞もメロディーも、アレンジも素晴らしい名曲。宇多丸さんのコメントも秀逸です。
興味をもたれた方は是非一度聞いてみてください。
http://www.youtube.com/watch?v=IL7YNP8ub3g

2009-12-06 日 02:16:39 | | Jin Chan #qbIq4rIg [ 編集]

コメントの投稿

トラックバック

この記事へのトラックバックURL


FC2ユーザー用トラックバックはここ

 | INDEX | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。