スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | |

m-flo loves Crystal Kay「Love Don't Cry」

このブログで使っているリンク先のポップアップを表示するサービス、Snap Preview AnywhereがSnap Shotsと名を変え、機能も増えたようだ。YouTubeの動画やFlickrのアルバムにリンクするとポップアップ内でそれらを操作できるようだ。また、MP3にリンクするとプレイヤーが表示されて再生操作を行えるらしいが、サーバに直置きのMP3を再生させるのはずいぶん重そうである。それに、ポップアップからフォーカスを外すと再生が止まってしまうのは使いにくいような気もする。

なぜこんなことを書いているかというと、今からYouTubeにリンクしようとして気づいたからだ。リンクするのはm-floである。彼らは、僕の興味の範疇に入って来にくい人達だった。いわゆるヒップホップカルチャーという文脈だけで音楽を聴いていると、彼らの音楽はラップミュージックだが、ジャンルのメインストリームとして考えられるようなものじゃない。大昔に「THE SOURCE」の読者投稿欄にあった言葉がいまだに思い出される。「ラップミュージックとヒップホップは別々のものだ。一方は商売で、もう一方は芸術だ」

しかしヒップホップの世界では成功者の証としての「メイクマネー」だって立派なこととして奨励されている。インディペンデントなシーンで認められ、成り上がってトップスターになり、「しかし浮ついたショービジネスの世界でも昔の心意気を捨てていない」ということが、称えられるヒップホッパーの条件としてはある。自分の出自や生活の背景として、ヒップホップは欠かせないものとして位置づけられていなくてはならない。そうでないヒップホップは、まがい物として嫌われるのだ。

もっとも、こういう考え方というのはもうずいぶん古くなった。現在では、いちいちその枠に拘らないアーティストがいて当たり前である。しかしそれでも僕はこの古い価値観が好きだ。ヒップホップの様式美はプロレスの世界のそれと似たところがあって、どちらも同じような意味で好きである。僕はどうかするとマチズモすら漂わせながら頑なに守られ続ける世界に、自分にはないものとしての力強さを感じるのだ。

m-floのやり方はヒップホップの様式美を全く受け入れない。スタイルとしてのみすら、受け入れないかもしれない。彼らはショービジネスとして、軽薄でハイプできらびやかな存在であろうとしている。ピチカートファイヴがそうであったのにもどこか似ている。m-floがクリスタル・ケイとコラボレートした「Love Don't Cry」は、K DUB SHINEとDJ OASISのユニットRadio Aktive Projectが「そりゃあないよ」で彼らを揶揄した内容に対するアンサーだとも言われる。具体的にR.A.Pに言及しているわけではないため、これがアンサーであると考えるのは僕には言い過ぎにも思える。しかし少なくとも、ヒップホップシーンから彼らへの批判についてリリックの中で言及しているのは間違いない。

My chain hang low, check the bankroll
証明できたかthat's how it's going DOWN. I'm the maaaan
もう一度言うぜ、you're the MAAAAAAN
超すげーよ なのに hater 誰がリアルとか言い合って~る
グチなら書き込め 2チャンネ~ル
リアルじゃない 俺たちゃ surREAL
メチャ out THERE、異*次*元
時間 マイ PAGE on my ぴげ~
オーデマ~ we from MARS
なんでもかんでもsuper size
コネも種も仕掛けも親の七光りもなしで
差してる 後光
絶叫 までカウント 3... 2... 1...

VERBALは自分たちがヒップホップの様式美の上での「リアル」になんて全く拘っていないということを言う。彼には彼の人生経験があり、そこには確かにヒップホップがまさに彼のリアルとしてあったにもかかわらず、彼はそれをあえて排した音楽を作り、ショウビジネスとして人々に愛されることを考え、成功を収めている。だからといってリアルを捨てているなんて言われるのはくだらない。いい音楽はそんなこととは無関係に成り立てると、彼はその音楽とテクニックをもって体現しているのである。そうなのだ。VERBALはここで、まずラップがうまいのだ。嫌味なぐらいにうまい。そうして彼は、商売か芸術か、リアルかリアルじゃないかなんていう二元論でしか音楽を語れない人達にとってみれば、自分たちなどそりゃあシュールレアリスティックな異次元の存在なんだろうねと言って馬鹿にしているのだ。しかもそういう曲をアルバムの頭に持って来ているのである。すごい。これは圧倒的な力を持ったハイプのプライドなのだ。成功した人にこういう出方をされると、そりゃあそこいらのラッパーではなかなか口答えができない。お前等は俺と同じ場所にはいないんだぜという意味なのだ。僕はヒップホップの様式美も大好きだが、成功を収めている人が、誰も敵わないような立場から力を見せつけるのを見るのも好きである。やっぱりそれにも、自分にはないものとしての力強さを感じるからなのだ。

態度でかい君らと対極
タイトに決めてくwe m-flo

m-floはヒップホップシーンへのアンサーとして「自分たちだってヒップホップとしてリアルである」とは語らなかった。かつての様式美があるヒップホップとは「対極」で「異次元」の存在であるとして、同じ立場には立たなかったのである。罵倒に対してアンサーを返して対立姿勢をあらわにすること自体がヒップホップのフィールドに立っての行動だとも言えるが、しかしそれは「リアルか否か」のような判断基準だけに拘るヒップホップを考え方の一つとしてのみ認めながら、さりとてそれを目指したりはしないと言い切るものだった。これは、全くそれを認めないよりもずっと残酷なことだ。彼らは特定の価値観には縛られないという態度しか取らないことで、あらゆる価値観が絶対的には成り立たないことを示してしまったのである。もちろん、これからも日本のヒップホップにはシーンがあり、その立場からm-floを否定することも可能だ。しかしDJ OASISのリリックにあるように

臭せえよ どうなんだ数年後
うぜえよ 業界にとっちゃ不健康

と言ったとしても、彼らの「数年後」や「業界」とm-floのそれが全く別個に成り立って、どちらが「本物」とも言えなくなるのであれば、この言葉は上滑りしていくばかりである。m-floのセールスが好調だろうが落ち込んで消えていこうが、彼らの「真のヒップホップ」とは無関係になりつつあるのだ。どちらも並び立つことが許される状況では、彼らはもう自分たちが非難する「敵」と、ポーズの上でしか対峙できない。現実にはせいぜい、好き嫌いの問題としてしか処理できなくなるだろう。ついに休刊したBLASTの最終号を読みながら、そんなことをぼんやり考えた。

2007.04.18 | | コメント(2) | トラックバック(0) | [音楽] [映像

コメント

かつてミナミでうんこ座りのヤンキーに絡まれた島田紳助がこう言い放ったのを見た。

「俺はお前らと住む世界が違~う」

ヤンキーは一旦ひん剥いた目玉親父を茶碗に泳がせた。

それを見たボクはヘソで茶を沸かしてしまった。

MANZAIブームが終わってカンサイジン以外の人々が彼を忘れた頃だった。

2007-04-23 月 23:06:54 | | neso #N0fGSRtA [ 編集]

nesoさん、コメントありがとうございます!とてもうれしいです!

人が、成功者は牙をむいたりしないだろうと決めつけるならまだわかりますが、そいつは牙なんか持っていないだろうと錯覚してしまうと逆襲されるのでしょうね。

レペゼンというのは本来どんな立場からでも可能なものであるはずで、ヒップホップというのはそれとアンダーグラウンドな様式美のせめぎ合いにずっとあったと思いますが、今の次代ではアンダーグラウンドな場所の価値が本来の意味とは違い「低下している」ことが非常に面白いと感じています。

2007-04-26 木 16:26:31 | | ソメル #- [ 編集]

コメントの投稿

トラックバック

この記事へのトラックバックURL


FC2ユーザー用トラックバックはここ

 | INDEX | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。